休みの日になると家でじっとしていられないMamiyです(^_-)-☆

Mamiy

還暦を過ぎたMamiy夫婦は2匹のわんこと一緒にキャンピングカーで各地を旅行しています。

旅の楽しさと日本の素晴らしさを少しでも多くの方と共感したいと思い、このサイトを運営しています。

旅行以外の日々のできごとの記事もいろいろあります。
ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆

今回は、静岡県の川根温泉の道の駅に行ってきました。こちらの道の駅には、名前のとおり、温泉があります。そして、大きな特徴は、すぐ目の前の線路にSLが通過していく事です!

実際に行って、確かめてきました!写真と動画も撮ってきましたよ!

川根温泉 SL

川根温泉でのSLの撮影ポイントや時間、日帰り温泉や食事処など紹介していきます。

では、一緒に見て行きましょう(^_-)-☆

SLの撮影ポイントの道の駅川根温泉

道の駅川根温泉は、大井川鉄道のSLが走ってくる姿が見られる絶好の撮影ポイントです。

CREACREA

大井川鉄道(下り)金谷⇒千頭 行きのSLが大井川の鉄橋を通過していくんだよ。
10:35,11:15,12:30の1日3回通過するよ。

(SLだけではなく普通電車も走っていて機関車トーマス号が走る事もあります)

上りのSLも通過しますが、こちらの道の駅からのアングルでは、後ろ姿になってしまうので、鉄橋に向けて正面から走ってくる下り列車を撮影するのに、絶好な撮影ポイントなんです。

汽笛が聞こえてきて、煙をはきながら近づいてくるSLは、なんとも哀愁に満ちています~。

そんなSLを川根温泉の露天風呂からも眺める事ができるんです!

もちろん、露天風呂だけではなく、道の駅の建物の後方の広場からも、最高のアングルで見られます!

動画を撮ってきました。ご覧ください(^_-)-☆

11時15分の通過の動画です!

こんなに間近に見られるなんて、感動しました。

SLに乗っている人が窓から手を振っていて、こちらも手を振りました(^^)/

次は12時30分の通過の動画です!

SORASORA

汽笛の音とシュッポシュッポの音がいいなぁ~!

普通のSLだけでなく、子供さんに大人気の機関車トーマス号やジェームス号が走っている時期もあります!

Instagramよりお写真をお借りしました

運行される日程は、運行カレンダーで確認できます。

トーマス号は6月~10月までの期間の金土日月曜日に運行していました。
私たちが訪れた11月は、残念ながら走っていませんでした。
ですが、12月にはXmas特別運転があります。(12/15・16・17・21・22・23・24・25)

SLに乗るには、予約が必要です。
予約は乗車日の125日前~2日前までの片道の予約ができます。
HPのメールフォームまたは電話にて
SLセンター 電話 0547-45-4112
乗車運賃:新金谷~千頭 1720円+SL急行料金800円=2520円

トーマス号・ジェームス号の場合 1720円+1250円
ローソンチケットで抽選申込方式にて予約できます。

詳しい時刻表は、大井川鉄道のホームページでご確認下さい。http://oigawa-railway.co.jp/


アクセス方法

まずは、地図を見て見ましょう。グーグルマップです。

車の場合

  • 新東名高速道路 島田金谷IC から約25分
  • 東名高速道路 相良牧之原IC から約1時間
  • 国道一号線バイパス向谷IC から約25分

国道473号線を北上し、県道63号線に進み走っていると、道の駅川根温泉が県道沿いにあります。道中、大井川鉄道の線路も並行しているので、そこかしこで、撮り鉄さんがカメラを構えてSLを待っている姿に遭遇します。

Mamiy

もし、SLに遭遇したら並んで走れるかも・・と、わくわくしました! そんな事を考えながら走っていくと、川根温泉に到着です。

川根温泉 笹間渡駅 案内

鉄道の場合、すぐ近くに大井川鉄道の笹間渡駅があります。

  • JR東海道本線金谷駅から大井川鉄道川根温泉笹間渡駅まで35分
  • 笹間渡駅より徒歩5分
  • 所在地:静岡県島田市川根町笹間渡220
  • 電話番号:0547-53-4340

駐車場

人気の道の駅なので、駐車場も比較的、混み合っています。

私たちが行った時も、混み合っていましたが、なんとか駐車場を確保する事ができました。

先ほどのSLの動画の最後の方の部分に、駐車場の様子が映りこんでいるので、参考にして下さい。

道の駅川根温泉駐車場

駐車可能台数

  • 普通車:78台
  • 大型車:4台

日帰り温泉「ふれあいの泉」

建物の中に入ると大きな提灯がぶら下がっていて目を引きます!

こちらでは、道の駅と温泉・プールとが併設されています。

そして、この温泉の露天風呂からも、SLを見られるんです!

川根温泉

  • 営業時間 9:00~21:00
  • 休館日 毎月第一火曜日(変動あり・確認必要)
  • 入浴料 大人510円・小人300円
  • プール 大人710円・小人300円
  • 入浴&プール 大人1020円・小人510円
  • 電話番号 0547-53-4330
  • 販売タオルやレンタルタオルあり

川根温泉は湯量と温度に恵まれているので、濾過循環せずに源泉をそのままかけ流ししています。

泉質は、約2万年前の地下水と古海水が混じりあっているナトリウム・塩化物温泉です。別名「熱の湯」と言われています。湯上り後はしばらく身体がポカポカして、湯冷めしにくいのが特徴です

Mamiy

これ、本当です!
本当に湯冷めしにくいのを実感しました。それと実際、湯船から出てきた人の肌の色を見ると、全身が赤くなっています。他にもいろんな場所で温泉に入ってきましたが、ここまで肌が赤くなるのは、あまり見た事がありません。温泉の説明書きを読んで納得しました!

食事処

温泉の建物内には、食事処もあります。

川根温泉 食事処

座敷になっていて、ゆっくりと食事ができます。

川根温泉 食事処

食事処のシステムを簡単に説明しておきます(^_-)-☆

  • 食事処の入口前の販売機で食券を購入します。
  • 自分の席を確保します。
  • 入口の受付で、食券と自分の席の位置を伝えます。
  • 席で待っていると係の人が、頼んだ食事を運んできてくれます。

売店

お土産物や特産品などを販売している売店もあります。

営業時間

  • 平日 10:00~19:00
  • 土・日・祝日 10:00~20:00



川根温泉 売店

地元のお野菜や川根茶など、たくさんのものが売られています。

そして、やっぱり、川根温泉と言えばSLだしトーマス号です。トーマスの乗り物のおもちゃがいろいろ並んで売られていました(^^♪

川根温泉 売店

孫へのお土産にと品定めしましたが・・、もうすでにいろいろ持っていまして・・(_;

機関車トーマス

道の駅とは関係ない話ですが、豊かな時代になったものだなあと、心の中で思いました(^_-)-☆

他にも面白い施設が!

SLや温泉や食事処だけではありません。

コテージやバーベキューコーナーやマットゴルフ場・パターゴルフ場・ドッグランなどの施設もすぐ隣に併設されています。

Mamiy

実は、今回は、SLと温泉が目的だったので、これらの施設については、体験してきませんでした。

次に訪れた時には、このコテージに泊まってみたいなあと思って、調べてみました!

川根温泉全体図

宿泊施設「川根温泉ふれあいコテージ]

  • 全棟温泉・いろり付き
  • 専用露天風呂付のコテージもあり
  • キッチンもあるので自炊も可能
  • ペット同伴は不可
  • 宿泊予約 TEL0547-53-4110
  • 予約は、3ケ月前の1日から受け付け開始

露天風呂付のコテージなんて、面白そうですね!

自炊もできますが、食事の注文もできます。

隣接しているバーベキューコーナーでは、食材や食器類がセットになっているので、道具の心配をせずに、キャンプ気分を味わえますね。

次に行った時には、ゆっくりと滞在してみたいと思います。





さいごに

道の駅川根温泉で、SLを見て日帰り入浴と食事をしてきました!

もう一度、おさらいをしておきましょう。

  • SLを見られる
  • 機関車トーマス号を見られる事もある
  • 日帰り温泉に入れる
  • プールがある
  • 食事ができる
  • コテージがある

いろいろ楽しめる場所だとわかっていただけましたか?

大井川鉄道のSLを見られる魅力は、他にない楽しみだと思うので超オススメです(^_-)-☆

SLが走ってくるのを見たい方は、大井川鉄道のホームページの時刻表でSLが見られる時間帯を確認して下さい。

季節やその年度により、SLの運行の日程がさまざまです。

子供さんに人気の機関車トーマスが走っている季節もあります!

http://oigawa-railway.co.jp/sl



このブログを見て下さっているあなたも、川根温泉に行く機会に恵まれますように!

その時に、当ブログを参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。



関連記事(一部広告含みます)
この記事がお役にたちましたら「いいね!」をお願いします(^^)/