『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



岐阜県にやってきました。

長野県と岐阜県は隣りどうしです。

「ヘブンスそのはら」をあとにして、

次は、恵那峡に到着です。

恵那峡遊覧船



高速ジェット船で、恵那峡を約30分、遊覧します。

料金は、1280円です。

あとで知ったのですが、

スマホで前売りでチケットを購入できるそうです。

しかも、10%引きの1150円です。

クレジットカードで決済してしまうので、

料金所の手間が省けるのがメリットなのでしょう。

私達は知らなかったので、通常料金を支払いました。

最近は、スマホが便利な時代となりました。

観光場所が近づいたら、スマホで検索して

何かお得なサービスがないか、調べてみると

良いなと、これからは心がけたいです。



船内は、ガラス張りになっています。

雨や風の心配もなく風景を楽しめます。



恵那峡は、大正14年、大井ダム建設のために、

木曽川をせき止めてできた人造湖です。



一般的には、ダム建設をすると、景観が損なわれるのですが

恵那峡の場合、その反対の事がおきました。

こんなに美しい景観となったのでした。



屏風岩、軍艦岩、獅子岩、鏡岩など名づけられた

巨岩や奇岩を左右に見ながら、遊覧船はすすみます。



美しい景観です。



この向こう側が、大井ダムです。

この大井ダム建設の中心となり携わった人物が、

「福沢諭吉」の娘婿の「福沢桃介」という人だそうです。

日本の電力王とも呼ばれた凄い人らしいです。

知りませんでした。。

恐れ入りました!!!

恵那峡遊覧船、面白かったです。

行ってみる価値はあると思いました。



国民宿舎「恵那山荘」

国民宿舎「恵那山荘」は、キャンプ場も併設されています。

この日の車中泊場所です。

こちらで、湯Youパークです。

夕食を利用する事で、駐車場で泊まらせてもらえるシステムです。

しかも、この「恵那山荘」は、駐車料金は無料です。

助かります~。



お風呂からの景色も素晴らしいです。

お天気が良かったら、恵那山が見えるそうです。

泉質は、ラジウム泉。

ちなみに、入浴料金は、500円でした。



宿舎の周辺を散策しました。

紅葉の樹木が見られました。

今回の車旅のお目当ては、紅葉観賞だったので

なんとか目的を達成できました。



夕食は、レストラン「シロヤシオ」さん。

「飛騨牛会席」にしました。

飛騨牛のしゃぶしゃぶは、絶品でした!



やっぱり、キャンピングカーの自炊より

こっちの方が良いなあ~

上げ膳据え膳の食事はゆっくりできていいです。。

朝食もこちらでお願いしました。

ほうば味噌焼きが、おいしかったですよ。