『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



六甲ガーデンテラスをご存知でしょうか?

兵庫県の南東部に、神戸の街を見下ろす事ができる山があります。
六甲山です!
その六甲山上に六甲ガーデンテラスがあります。

山上には、素敵なレストランがあるんです。

眼下に神戸の街や大阪湾を見下ろしながら食事ができるスポットがあります。
しかもとてもおしゃれなレストランなんです!

行ってみたいと思いますよね!
おしゃれなレストランで食事をしてみたいですよね!

六甲ガーデンテラスへのアクセスやレストランの事、そして、その他の楽しみ方も一緒に紹介するので、神戸方面に来られた時の参考にして下さいね!


—スポンサーリンク—




レストラン

六甲ガーデンテラスには、4ケ所の食事場所があります。
どの食事場所も、絶景を望める場所に建っています!

グラニットカフェ

営業時間 11:00~20:00
問い合わせ 078-894-2112

おすすめのレストランはグラニットカフェです!

お店の造りもとてもおしゃれです。
絶景を見ながらの食事は、特にカップルにオススメしたいです(^_-)-☆

お店の名前の「グラニット」とは、花崗岩の事です。

<豆知識>
花崗岩は、御影石とも言います。
六甲山はほとんどこの花崗岩(御影石)でできています。
神戸の地名に「御影」がありますが、この地に花崗岩が多い事から
御影石との別名がついたと言われています。

お店の入口

こちらで、ランチを食べました。
見晴らしの良い席でのランチは格別です!

夜には、夜景を見ながらディナーができます!
六甲ガーデンテラスは、日本夜景遺産に登録されています!
ロマンチックなひと時を過ごせる事まちがいなしです(^^)v

見晴らし抜群です!

グラニットカフェの案内

グラニットカフェのメニュー

旬の食材を使った創作料理です。
とても美味しいです!
ディナーは、別メニューがあります。

グラニットランチ

グラニットランチ

こだわり神戸牛カレー

こだわり神戸牛カレー

三田ポークのロースト

三田ポークのロースト

六甲山ジンギスカンパレス


営業時間 11:00~20:00
問い合わせ 078-891-0225

焼肉大好き派の人には、こちらがおすすめです。

ラム肉や和牛を堪能する事ができます。
いろんなコースがあります。

ランチメニューは、1600円・2000円のセットメニューや
お得な食べ放題(90分)、3000円というコースもあります。
贅沢グルメ希望の方は、神戸ビーフコース8000円はいかがでしょうか。

六甲ビューパレス

営業時間 11:00~20:00
問い合わせ 078-891-0780

セミセルフ式のレストランです。
明るく気取らない雰囲気なので、ファミリーにおすすめです。

淡路鶏のグリル 1100円
三田ポークカツレツ 1250円
カレー・サラダ・デザート 1400円
キッズプレート 980円

こんな感じのメニューです。

フードテラス


営業時間 10:00~17:00
問い合わせ 078-894-2223

簡単に食事を済ませたい人やちょっと小腹を満たしたい人におすすめです。

うどん・ラーメン・スナック・ソフトクリームなどの軽食コーナーです。
山小屋の雰囲気で、リーズナブルに気軽に食事できる場所です。


ガーデンテラスの食事場所4ケ所を紹介しました。
カップル・ファミリー・グループ・女子会など
それぞれのスタイルに合う場所で食事ができそうですね!
次にどうやって行ったらいいかを紹介しますね!


アクセス

公共の交通機関を利用する場合

このイラストの一番下が、JR・阪急電車・阪神電車です。
 (阪神間には、この3つの鉄道があります)
そして、右上周辺がガーデンテラスです。
なんとなく、雰囲気がわかっていただけるでしょうか。

 駅前から神戸市バスで、ケーブルカー六甲下駅へ
 六甲下駅からケーブルカーで、六甲山上駅へ
 六甲山上駅から神戸市バスで、ガーデンテラスへ

乗り継ぎが面倒ですが、ケーブルカーに乗れるのがひとつの魅力です。

それぞれの所要時間と利用料金

  • 神戸市バス  御影⇒六甲ケーブル下駅    約30分 片道220円
  • 六甲ケーブル 六甲ケーブル下駅⇒六甲山上駅 約10分 片道590円
  • 神戸市バス  山上駅⇒ガーデンテラス    約10分 片道260円

個別に切符を買うより、周遊券を買う方がお得に行けます。
紹介した行き方以外にも、出発地点によって、いろんな行き方があります。

どこから出発するか、どこに立ち寄りたいかによりパターンに応じた周遊券が販売されているので、先にだいたいの行先を設定してから周遊券を買って行く方がお得に行けます。

パターンがたくさんあります。コチラのサイトで確認できます。

(例)六甲ケーブル往復と山上バス乗り放題で1350円(1700円相当)

六甲ケーブル下駅

六甲ケーブル下駅

ケーブルカー

六甲ケーブル

ここで上りと下りがすれ違います!

六甲ケーブル山上駅

六甲ケーブル山上駅


車を利用の場合

ナビに、「六甲ガーデンテラス」と入れます(^_^)v

神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
TEL 078-894-2281
FAX 078-891-1171

駐車場

車の場合、約360台の大きな駐車場があります。
六甲山1Dayパーキングチケット 料金は500円です。
お得な料金システムになっています!(お得なチケットは平日限定です)

六甲山エリアにある他の施設の駐車場にも、このチケットで駐車できます。土日祝日など、混雑で思った場所の駐車場に入る事ができない事もあります。その場合、他の施設の駐車場に入れて、歩くのが平気ならハイキングで移動したり、バスでの移動もできます。

駐車場を利用できる施設
・六甲山カンツリーハウス
・六甲フィールドアスレチック
・六甲高山植物園
・六甲オルゴールミュージアム


—スポンサーリンク—



六甲ガーデンテラスへの行き方を説明しました。
まだまだ素敵な見どころがあるので、お伝えしたいと思います。
良かったらあと少し、おつきあい下さい(^^)v


六甲枝垂れ

六甲枝垂れ

この一風変わった形・・。
一体、これは何だと思いますか?
これが何なのか、どんな素材で出来ているか知りたいと思いますよね!


行って確認してきました。
自然体感展望台「六甲枝垂れ」です。
実は、この網の目状の建物は、ヒノキや花崗岩を使用しています。
もっと無機質な素材で出来ていると想像していましたが・・・!
まったく違っていて、ちょっと驚きました。

外から見ても内側から見ても美しい建物です。

ガーデンテラスは入場料不要ですが、六甲枝垂れは入場料300円です。

六甲枝垂れ

「六甲山上に立つ大きな樹」のコンセプトのもと、建築家の三分一博志さんの設計で建築されました。自然と建物が調和して本当に美しいです。

もちろん、眺望も抜群の場所に建っています!

中に入ってみました。ヒノキの香りがして、ひんやりしています。
この下は、氷室(ひむろ)になっています。
六甲枝垂れ 内部

冷蔵庫が無かった時代、寒い時期に六甲山の氷を切り出して、
氷室に貯蔵し、夏になると神戸の街まで運んで売っていたそうです。

先人達の知恵と営みと、この土地にまつわる歴史を知る事ができて
当時に思いを馳せる時間を過ごしました。

六甲枝垂れ

見晴らしのテラス

グラニットカフェのすぐ横にある見晴らしのテラスからの風景です。
大坂平野、大阪湾、関西空港、明石大橋まで見渡せます。
甲子園球場だって見えるんです!
素晴らしい眺望です。

見晴らしのテラスのこのモニュメントは、望遠鏡になっていて、
後ろの面から前方を覗けるようになっています。

このあるモニュメント・・、顔がちょっと怖すぎです・・。
一緒に行った孫が、怖がってそばに行けませんでした。。(*_*;

見晴らしのテラス モニュメント

雑貨ショップ ホルティ

とてもお洒落なお土産物屋さんがあります。

店内の様子です。

神戸ならではの品が売られています。

六甲牧場の蜂蜜です。いろんな種類があります。

「灘の酒」はよく知られていますね。
手のひらサイズの樽が何とも可愛いです。

神戸ポートタワーや六甲ケーブルカーのプリントをした
可愛いTシャツが売られていました。


六甲は三大夜景のひとつ

私たちはお昼の明るい時間に行きましたが、
夜は、もっと素晴らしい景色を堪能できます。

六甲山からの景色は、函館・長崎と並んで三大夜景と称されています。
1000万ドルの夜景と言われています。

そして、六甲枝垂れでは、夜間には光の芸術のライトアップがあります。
六甲山 光のアート/枕草子/」が開催されています。
素晴らしいですよ!

さいごに

六甲山は、神戸方面に住んでいる者にとって、馴染み深い場所です。
六甲牧場とか六甲人口スキー場が昔からありましたが、
美しく洗練された六甲ガーデンテラスは新しい魅力的な名所となっています。

六甲ガーデンテラスにある4ケ所のレストランを紹介しました。車で行くのもいいのですが、ケーブルカーを利用して行く方法も紹介しました。そして、行ってみると、レストランだけではなく、六甲枝垂れや大阪湾を見下ろせる見晴らしのテラスやおしゃれな売店セレクトショップホルティなどもありました。

駐車場の説明の時に施設名だけ書きましたが、ガーデンテラスの他、カンツリーハウスやフィールドアスレチックや高山植物園やオルゴールミュージアムなど、楽しめる場所がまだまだあります。

このブログを見て下さる皆様に「六甲ガーデンテラス」に行く機会がありますように!

その時にこのブログを参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読み下さりありがとうございました。