『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



八ヶ岳倶楽部に行ってきました!
柳生博さんが、俳優業のかたわら、自ら手掛けて作った場所です。

以前、柳生博さんが出版された本にこの八ヶ岳倶楽部を作った経緯を書かれてあるのを読んで、是非、行ってみたいと思っていました。実は今回で二回目の訪問になります。何度も行ってみたい場所なのです。この八ヶ岳倶楽部の良さを多くの人に伝えたくて、この記事を書いています。

そして、どうしてもお伝えしたいものは、「フルーツティー」です。
彩りが鮮やかで、とても美味しくて、あたたかな気持ちになります。

まずは、フルーツティーがどんなものかを紹介しますね! そして、八ヶ岳倶楽部がどんな所かも紹介させて下さい。

フルーツティー


柳生博さんの奥さんが考案したフルーツティーだそうです。彩りが鮮やかで見た目が美しいです。入っているフルーツは、りんご・オレンジ・メロン・キウイフルーツ・いちご・巨峰・レモンの7種類です。ポットの下には小さなキャンドルに火がついていて、温められています。

小さなカップに注いで少しづつ飲みます。注ぐ度に味が変化していきます。たくさん入っているフルーツの甘味がじわじわと抽出されるんですね。とても美味しいです。そして、飲んだあと、ティーポットの中にたくさん残っているフルーツを食べてみました。甘味が、だいぶ溶け出している感じはしましたが、優しい味がしました。

実は、私も夫もコーヒー党で普段は紅茶は飲みませんが、このフルーツティは、本当においしいと感じました。大絶賛します!!



八ヶ岳倶楽部のフルーツティ!
どんな飲み物かわかっていただけましたか?
八ヶ岳倶楽部への行き方や駐車場事情などから紹介するので
是非、お出かけの参考にして下さい!


—スポンサーリンク—



アクセス

  • 中央自動車道  長坂インターより 約20分
  • 上信越自動車道 佐久南インターより約70分

駐車場

駐車場は、八ヶ岳倶楽部の目の前の道路に面した場所にあります。オープン時間(朝10時)より20分ほど前に到着したので、駐車場は写真のとおり、まだたくさん空いていました。



お昼前ごろの駐車場の様子です。ほぼ満車に近い状態です。駐車可能台数は、30台あまりでしょうか・・。

駐車料金は、必要ありません。

レストラン

レストラン入口です。オープンは、朝10時です。

人気メニューは、もちろん「フルーツティー」です。
レストランなので、もちろん、食事ができます。
私達は、カレーライス・生ハム・サラダ・くるみパンを注文しました。

森の散歩道

森の散歩道は特にオープンの時間設定はなく、入場料も必要ありません。レストランの開店前でも、中に入ってお散歩させてもらう事ができます。

線路の枕木を敷いてあります。入ってすぐの所にブリキで作ったモニュメントがありました。とてもユーモラスです。

素敵な雑木林です。樹木は人間の手入れがなければ、ところかまわず伸び放題になり、人の歩く道はなくなります。そして、ある程度、間引かなければ、ジャングルみたいになってしまいます。

空間があればこそ、向こう側の景色が見えたり、涼やかになったりするのですね。この雑木林をこんな風に維持させていくのは、並大抵のお手入れではないと思います。スタッフの皆さん、いつもお疲れ様です!

わんこに優しい

レストランのテラス席では、わんこも同席できます。八ヶ岳倶楽部のスタッフの皆さんはわんこにとても優しいので、わんこ連れでも楽しめます。


スポンサーリンク





ギャラリー

こちらのギャラリーでは、いろんな作家さんの作品を展示販売されています。

今回は、創作人形作家の加藤礼子さんの作品展をやっていました。

 

雑貨や野草販売

とてもおしゃれな雑貨が販売されています。


サボテンの水耕栽培ですって・・! サボテンのこんな姿、初めてみました!

中庭ではガーデニング関係の便利でおしゃれなグッズが販売されています。

さいごに

手入れが行き届いた雑木林を見ながらのティータイムやランチにお散歩は、とても贅沢なひとときを過ごす事ができます。何度でも訪ねてみたくなる場所です。

俳優の柳生博さんが仕事の合間を縫っては、森を切り開き、伸び放題の樹木を間引いたり、新しい樹木を植えたりして、出来上がった八ヶ岳倶楽部です。

一番のおすすめは、フルーツティーです。そして森の散歩道も普通の靴で歩けて清々しいですよ。レストランではおいしいランチタイムを過ごせます。ギャラリーでは素敵な作家さんの作品で目の保養ができます。雑貨店では掘り出し物を見つられます。

四季折々の花々が出迎えてくれます。ぜひ一度、訪れてみられてはいかがでしょうか。

このブログを見て下さる皆様に、「八ヶ岳倶楽部」に行く機会がありますように!

その時にこのブログを参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読み下さりありがとうございました。