『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



休みの日になると、家でじっとしていられないMamiyです。

今回は、和歌山県にある龍神温泉を紹介します。
高野山に行ったあと、龍神スカイラインをドライブし、龍神温泉で入浴するコースはいかがでしょうか。

龍神温泉は、こぢんまりとした古い旅館街で、とても趣きがある魅力的な空間です。どうしてそんな風に感じるのかというと、本当に古~い歴史があるからなのです!

実際に行って撮ってきた写真を交えながら、龍神温泉の駐車場情報などと共に、紹介していきたいと思います。どうぞ、おつきあいください(^_-)-☆

スポンサーリンク



龍神温泉 元湯

龍神温泉は比較的、小さな温泉街で、10軒ほどの旅館が立ち並んでいます。その中に、日帰り入浴ができる「元湯」があります。

龍神温泉「元湯」

龍神温泉「元湯」です。

 所在地:和歌山県田辺市龍神村龍神37

 TEL:0797-39-0726

 入浴料金:大人700円

 脱衣室:鍵付きロッカーあり・無料

 貴重品ロッカー:有料(100円)

龍神温泉は、三大美人の湯のひとつです。
泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。肌あたりが良い柔らかい湯で、お肌がつるつるしっとりになります。
ちなみに、三大美人の湯のあとの2か所は、島根県の湯の川温泉と群馬県の川中温泉です。

龍神温泉 駐車場

龍神温泉 駐車場

龍神温泉の入り口のすぐ前の橋を渡ると無料駐車場があります。

川のせせらぎの音がしていて、とても心地良い場所です。

キャンピングカーで来ていたので、この駐車場に車を停めて、日帰り温泉・お昼寝・散策をして、そのあとは食事をして車中泊をしました。

SORASORA

お昼寝タイム~
涼しくてとっても気持ち良かったよ(#^.^#)

吊り橋

龍神温泉の駐車場のすぐ横に、吊り橋があります。

CREACREA

ここは、嫌いなんだよな~(*_*;
嫌いなのに、いっつも連れて来られちゃうんだ(泣)


無理やり、連れてこられたあとは大急ぎで戻りました(*_*;

動物虐待!? いえいえ、そんなつもりはありません(-_-;)
ごめんね~!!

古~い歴史

龍神温泉というと紀州のお殿様の奥座敷だったのですが、それよりももっと古い歴史がある事を知っていましたか?

1300年の歴史

開湯1300年の歴史があります! 凄い!と思いませんか?

弘法大師が開湯したと言われています。役行者(えんのぎょうじゃ)によって、この地が発見され、そののち弘法大師が、八大竜王のひとつの難蛇竜王のお告げにより開かれたとの事です。


上御殿

江戸時代に入ると、紀州藩のお殿様の徳川頼宜が、湯治の場所を作りました。

龍神温泉 上御殿

温泉街を歩いていると、なんとなく格式の高そうな旅館があります。
「上御殿」という名の旅館です。

龍神温泉 上御殿は紀州のお殿様の奥座敷

旅館の前にこんな書き物が置かれてありました。

読んでみると、江戸時代、紀州家のお殿様の専用の宿だったと書かれてあります。そして、国の登録文化財に指定されています。


実は、前に龍神温泉を訪れた時に、この旅館の佇まいがあまりに素敵なので、そういう格式がある旅館だとは露知らずに、「すみませ~ん!」と声をかけた事があります。

「予約していないんですが、こちらで夕食を食べさせてもらえませんか?」と聞いてみたんです。「ご予約で宿泊のお客様のみになっております」と、丁重にお断りされました。当然と言えば、当然ですね(-_-;)

いつか機会があれば、泊まってみたいです(^_-)-☆

別の文献によると、「実際には使用される事はなかった」なんて書いてあるのを見かけましたが、実際の所はどうなんでしょうか。当時の様子に思いを馳せるひとときでした。


龍神温泉 上御殿

わんこと一緒に泊まれる旅館がある

駐車場横の吊り橋のすぐ横に犬と一緒に泊まれるお宿があります。

「旅館さかい」

 所在地:和歌山県田辺市龍神村龍神23-1

 TEL:0739-79-0577

泊まった事はありませんが、口コミサイトをのぞいてみると、なかなか良さそうですよ(*^^)v 



龍神温泉 旅館さかい

龍神スカイライン

高野山と龍神温泉を結ぶ龍神スカイラインを走りました。

山の中の道なので、カーブが多く高低差もあります。こんなカーブの多い道も、私達のキャンピングカーはスピードを落とさずにどんどん走ります(^_-)-☆

でも、もっと走りたそうにしている人達が居ます(*_*;

それは、ライダーさんです(^^)/

龍神スカイランは、オートバイも走れる道路です。車体を倒してコーナーを走り去るオートバイがかっこいいんです!!

ごまさんスカイタワー

龍神スカイラインを走っていると、ひときわ高くそびえ立つタワーが見えてきます。道の駅ごまさんスカイタワーです。

道の駅ごまさんスカイタワー

オートバイが続々と入ってきます!

道の駅ごまさんスカイタワー

道の駅の建物内には、売店やレストランがあります。

道の駅ごまさんスカイタワー ジビエカツカレー

「天空レストラン」で、ジビエカレーを食べました~(^^)/

道の駅ごまさんスカイタワー

レストランからの眺望です。重なり合う山々のグラデーションに魅せられます(^^♪


マップで確認

高野山から龍神温泉までの所要時間は約1時間あまりです。

龍神スカイライン

途中に良い眺めの場所もあり、快適なドライブができます!

熊野古道は、世界遺産に登録されています。
三重県・奈良県・和歌山県・大阪府にまたがる参詣道です。
その一部分の高野参詣道がこの周辺です。

吊り橋が多い地域

帰り道は龍神ドライブウェイとは別の道路を走ります。

走っていると、これでもかこれでもかと言うほど吊り橋が出てきます。

このあたりは、とにかく橋が多いです。
それもそのはず。
山と谷の高低差が大きいのです。

地形的に、大きな日高川の反対側に行くには橋が絶対に便利なのですね。

必要にせまられて出来た橋が多いという訳です。
地域に住む人たちの暮らしの様子が垣間見える思いです。


高野山奥の院の記事の紹介

龍神温泉に行く前に、高野山奥の院に行っていました。

こちらのページで詳しく紹介しています。どうぞ、ご覧ください(^_-)

高野山奥の院と観光一泊二日でまわった内容を紹介します!


まとめ

高野山から、龍神スカイラインをドライブして、龍神温泉まで行くルートを紹介しました。

  • 龍神温泉についての簡単な説明
  • 龍神温泉の無料駐車場について
  • 駐車場横にある吊り橋
  • 龍神温泉の古い歴史について
  • 温泉旅館 上御殿
  • わんこと一緒に泊まれる旅館さかい
  • 龍神スカイラインについて
  • ごまさんスカイタワー
  • 吊り橋が多いお話し
  • 別記事「高野山奥の院」紹介

以上のような内容をお伝えしました。

弘法大師が開いたのは高野山だけではなく、龍神温泉も開いた事を知る事ができました。

歴史の古さを知ると凄いと思いましたが、行ってみると、ひなびた雰囲気が心地よく、のんびりした時間を過ごす事ができます(^_-)-☆



このブログを見て下さっているあなたに、「龍神温泉」に行く機会がありますように。

その時にこのブログを参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読み下さりありがとうございました(^^)v