新日本海フェリーで犬連れで20時間の船旅~北海道車旅02

フェリーから眺める日本海北海道

こんにちは!Mamiyです(^^)/

還暦を過ぎたMamiy夫婦は2匹のわんこと一緒にキャンピングカーで各地を旅行しています。

旅の楽しさと日本の素晴らしさを少しでも多くの方と共感したいと思い、このサイトを運営しています。

旅行以外の日々のできごとの記事もいろいろあります。
ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆

北海道を16日間で4400Km走破した旅行シリーズです。

前回の記事では、今回のキャンピングカーでの北海道旅行の全体の行程を紹介しました。

今回は、新日本海フェリーに乗船した体験をお伝えしていきます(^^)/

 

料金や所用時間など

北海道へキャンピングカーで行くには、海を渡らなくてはならないので、フェリー乗船が必須となります。

新日本海フェリーが運航している北海道行きのフェリーの航路はいくつかあります。

  • 舞鶴~小樽 約21時間
  • 敦賀~苫小牧東港 約20時間
  • 新潟~小樽 約16時間
  • 秋田~苫小牧東港 約11時間

今回は、福井県の敦賀港から、20時間かけて苫小牧港に到着するフェリーを利用しました。

フェリーの乗船時間をもっと短くしたい場合は、青森県から津軽海峡をフェリーで渡る方法がありますが、今回は、乗船時間が長くてもいいので、陸路を走行する時間を節約するルートを選ぶことにしました。

片道の料金

  • 期間A・ステートA(個室・海が見える窓付きの和室)21900+11200
  • 6m未満 41600
  • 合計 74700円 運転手と同乗者1名(大人2人)

片道だけでも、74700円が通常料金です。

 

世間では、GoToキャンペーンが繰り広げられています。なんとかならないものかと、ネットでいろいろ見ていたら、新日本海フェリーが独自に、秋旅GoGo割りというキャンペーンをやっていることがわかりました。

  • 期間は、9月1日から10月31日
  • 2か月前までの予約で30%引き
  • 1か月前までの予約で20%引き
  • 個室と乗用車の料金が対象
  • 55才以上
  • 予約後、3日以内に支払いが条件
  • キャンセル料金は成立後から必要となる

フェリーを予約しようとした段階で、2か月前を過ぎていたので、30%引きは対象外でしたが、20%引きで、予約することができました。

74700円が、59760円になりました!!

ちなみに、ペット料金3500円とディナー4500円X2人分の9000円は割引対象外でした。

 

次に、GoToキャンペーンが対象になるか、調べたところ、検討中とのことでした。

通常は旅行社を通したものが、GoToキャンペーンの割引対象で、個人で直接、フェリー会社に申し込んだ場合は、キャンペーンの恩恵を受けられないのですが、フェリー会社が申請していて、回答待ちの状況でした。

もしかしての淡い期待を持って、行ってみたら、なんと、9月1日(今回の乗船の3日前)に決定が下りたそうで、なんと、現在の料金から加えて、35%の20910円の割引が受けられるとのことでした。

59760円が、38850円になりました!

 通常料金 74700円

⇒秋旅GoGo割 59760円

⇒GoToキャンペーン 38850円 という訳です。

ラッキー!!

59760円をすでに、カードで支払い済みなので、差額の20910円が、後日、カードの方に返金されることになりました(^^♪

 

帰りの予約をキャンセル

前回のブログ記事でも書きましたが、あと1日半という日に、愛犬「宙(そら)」が息を引き取ったんです。

いっときでも早く、家に連れて帰ってあげたいと思い、急遽、帰宅することを決めました。

帰りの便では、予約の2か月前に申し込んでいたので、30%割引が適用されていました。

詳しい明細は省略しますが、乗船料とペット代金とディナーの料金を支払い済みです。

キャンセル料を引いた残りの金額28860円が後日、カードの方に返金されることになりました。

 

帰りは津軽海峡フェリーに変更

予定を大幅に変更して、函館港から、津軽海峡フェリーに乗船しました。

6メートル未満のキャンピングカーと大人2人の料金24970円でした。

新日本海フェリーをキャンセルして返金がくる料金がそのまま、こちらのフェリー代になった感じです。

函館港から青森港まで、所要時間は4時間でした。

 

ペットについて

ペットの乗船料金は、3500円です。

できれば、愛犬の宙と同室で過ごしたかったのですが、ペットはペットルームに預けなくてはならない規定となっています。

ペットルームの様子

こんなふうに、ゲージが並んでいます。

大きさは、幅57cm・奥行90cm・高さ67cmです。

うちの宙には、かなり大きく、手前の半分だけで充分な感じでした。

このペットルームには、水道とゴミ箱が備えられています。

ですが、イスがありません。なので、ご飯を食べさせたりするときの座り場所に困りました。ゲージの扉をあけて、そこに腰掛けさせてもらいました(*_*;

ペットルームのゲージの中に、宙を入れたら、鍵をかけて、その鍵は船内の案内所に預けることになっています。

ペットルームに出入りできるのは、夜は 0:30まで 朝は8:30からとなっています。

案内所が閉まっているときは、会いに行けないんです。

両肩に、床擦れが出来ていて、痛々しい姿になっている宙…😱

ペット用のふわふわの布団をゲージ内に入れて寝かせました。ふわふわ部分から、はみ出さないように、朝まで維持できるかが心配です。

朝まで、1人っきりで大丈夫かな。

クンクン泣いていないかな💦😞

そんな心配しながら、夜を過ごしました。。

そして朝になりました。案内所でペットルームの鍵を受け取り、面会に行きました。

なんとか、お布団の上を維持していて、ひと安心です。

ドッグラン

いつものように、ペースト状のフードを食べさせ終わったあと、いざ、ドッグランへ‼️

いつもの車いすにのって、ドッグランで散歩しました。

風の強い日は、ドッグランは閉鎖されるそうですが、運よく、お天気にも恵まれました。

朝・昼・夕方と面会に行って、お散歩しました。

動画もあるので、ご覧ください。

 

新日本海フェリー ドッグランの様子

この日は、お天気もよく、少し暑いくらいの陽気でした。

宙も、がんばって、よく歩いてくれました(^^)/

客室について

客室のランク

客室のランクは、全部で6段階あります。厳密にいうと、2人部屋とか4人部屋とかがあるので、もっと多くの種類があります。

  • ツーリストA(大部屋・ベッド)
  • ツーリストS(大部屋・ベッド)
  • ステートA和室(個室・海が見える窓あり)
  • ステートA洋室(個室・海は見えない)
  • デラックスA(専用テラス・バス付)
  • ジュニアスイート(専用テラス・バス付・グリルの食事付)
  • スイート(高級仕様・専用テラス・バス付・グリルの食事付)

まる一日ほどを過ごすので、できれば個室が欲しいと思いました。

専用テラスのある部屋は魅力ではありましたが、お財布とも相談が必要です(^^)/

私たちは、ちょうど中間のクラスのステートA海が見える和室を利用しました。

 

ステートAの和室

広くはないけど、窓があるので、閉塞感を感じることもなく快適(^-^)v

テレビ、冷蔵庫、ちゃぶ台、座椅子、トイレ、洗面所、電話、ポット、お茶セット、ティッシュペーパー、歯ブラシ、小タオル、布団一式 など揃っていて、不自由なく過ごせました。

 

布団の敷きマットが、見た目は普通だけれど、凄く重くて驚きました!

力には自信がある私ですが、このマットを広げたり畳んだりするのに、夫に手伝ってもらうほどの重さでした!

しかも、硬い!

さぞかし、寝にくいだろうと思ったけど、意外に寝やすく良く眠れました(^^)/

なんで、この重さとこの硬さなのか、理由を知りたくなりました。

もしかしたら、海が荒れたりのときも安定感があるのかな・・

誰かご存知ですか~(^^)/ 知っていたら教えて下さい(^^ゞ

 

部屋への出入りは、カードキーを使用します。

ホテルみたいで、思ったより、進んだ装備ですね(^^♪

 

部屋へ続く長い廊下が、ちょっと印象的でした(^^ゞ

食事について

朝食タイム

朝食は8時からで、遅い🐌💨💨

おなかすいた~~💨💨

ここでも進んだ装備というか・・。

テーブルに備えてある端末で注文するシステムです。

洋風プレートセット850円を注文しました!

海を見ながらの朝食のひとときを過ごしました(^^ゞ

窓の外の朝の風景の写真をご覧ください!

日本海の美しさや水平線や空に浮かぶ雲が素敵です。

ディナータイム

贅沢気分を味わおうと、ディナーを予約していました(^^)/

ちょっとゴージャスな食事会場でした(^_-)-☆

北海道の海と大地の恵みグルメThanksディナー

エゾ鹿・ホタテ・牛フィレ肉・他、素材を生かしたお料理でおいしくいただきました~

 

WiFiについて

フリーWi-Fiあり

  • 1日5回まで
  • 1回につき30分までとのこと

ただし、残念だったのは、陸地から離れると通信不可能に(^^;

もちろん自分のスマホの電波も届きません。

不自由を味わうことは、日ごろの当たり前に便利な生活に感謝の気持ちが蘇ってきます。

東北あたりに近づいてきて、白神山地が見えてきたころに、電波が復活しました。

今さらですが、WiFiの電波って、地上から発信されていることを実感した次第です(*_*;

大浴場

船内に大浴場があるんですよ!

お昼前のだあれももいない時間帯に入浴してきました。

もう、快適そのものでした(#^.^#)

大海原と空と水平線を眺めながら、のんびりゆっくりと、お湯につかりました~❤️💨💨

夜だと、外は真っ暗で何も見えません。絶対にお昼間に入ることをおススメします(^^)/

 

船内の施設いろいろ

船内を散策してみました。

豪華な造りに、すごく贅沢しているような気分に浸れます。。

ただ、この時期、新型コロナ感染拡大防止のため、いろんな施設が閉鎖されていました。

スポーツルーム・カラオケルーム・キッズルームなどなどです。

通常なら、いろいろと忙しいくらいに、楽しめるはずが、ほとんど何もありませんでした。まあ、それでも、風景を楽しんだり、ぼ~っと何もせずに過ごしたりして、良い時間を過ごせました(^^♪

 

姉妹線とすれ違いです。お互いに汽笛を鳴らして挨拶を交わしていました(^^)/

 

苫小牧に到着

敦賀港を出航してから、約20時間で苫小牧に到着です。

わんこの宙をペットルームに迎えに行きました。

今回の旅行で一番の気がかりは、宙のことでした。慣れないペットルームでしたが無事に過ごしてくれて、ほっとしました。

まとめ

今回の北海道旅行の始まりの長距離フェリーでのことを詳しくレポートしました。

最初にお伝えしたのは、料金のこと。

  • フェリー会社の秋旅GoGo割りで 20%引き
  • 政府のGoToキャンペーンで 35%引き

二重の恩恵を受けられて、ラッキーでした(^_-)-☆

 

一番の心配だったペットルームでの宙のこと。

寂しい思いをさせたけど、無事に航海を終えることができました。

 

私たちが利用したステートA和室について。

寝具のマットが重くて硬いのが、もの凄く印象に残りました!

 

大浴場には夜ではなく昼間に行きました。大海原を見ながらのお風呂は爽快な気分に大満足!

 

船内での食事のことや船内の様子などもお伝えしました。

新型コロナ感染拡大防止のため、閉鎖の施設がいろいろあり、残念・・。

 

そして、本当なら、帰りもこの船を利用する予定でしたが、急遽、変更することになりました。

またの機会に、ゆっくりした船旅を満喫したいと思います。

 

ではでは、新日本海フェリー編をこのあたりで終わらせていただきますね。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました(^^)/

今回の北海道旅行については、シリーズでお伝えしています。

まとめページは、こちらです。

北海道車旅16日間~愛犬との最後の旅4400Km~01総集編
今回は、北海道旅行に行ってきました! 愛車のキャンピングカーLIBERTYで、なんと16日間で4400kmを走破してきたんですよ。たくさんの感動と熱い想い出でいっぱいの濃い内容となっています。

次のレポートもお楽しみに!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました