『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



淡路島にはたくさんの見どころがありますが、今回は、観光の拠点にもなっている便利な施設「道の駅」を詳しく紹介します。

私達夫婦は、兵庫県在住という事もあり、キャンピングカーでの近場の旅行先として、何度も淡路島を訪れています。行く度に道の駅のお世話になっているので、いろいろレポートをしてきました。

淡路島の道の駅一覧

淡路島には、4ケ所の道の駅があります!
マップで、それぞれの場所をチェックしてみて下さい(^_-)-☆

  • (1)明石大橋のアンカレイジがそびえ立っている「道の駅あわじ
  • (2)たこの姿焼きで有名な「道の駅東浦ターミナルパーク
  • (3)渦潮を真下に見る事ができる場所にある「道の駅うずしお
  • (4)日本丸・咸臨丸が停泊している「道の駅ふくら

それぞれの道の駅のおすすめのポイントを紹介していきますので、淡路島を訪れる際の参考にしていただけたら幸いです。

道の駅について

道の駅には、無料で使える駐車場・トイレ・情報発信施設などが整備されていて、道路を走る車にとって、凄く有難い設備です。

多くは地域の特産物や農作物やお土産物の売店が併設されています。レストランや軽食コーナーや温泉まであるところもあり、道の駅めぐりが各地を訪れる楽しみのひとつにもなっています。

道の駅の情報が網羅された 最新版のマップです!
ランキング一位を獲得しているベストセラーです。
よかったら見てみてくださいね!


道の駅あわじ

淡路島の最北端に位置する明石大橋の真下にあり、明石大橋の壮大さや美しい姿を堪能するには、絶好のビューポイントです!

しかも解放感をたっぷり味わえる広々とした公園が敷地全体になっています。

そして、明石大橋を支えるメインロープを引っ張っている巨大な建造物アンカレイジがそびえ立っているんです。

明石大橋アンカレイジ

これがアンカレイジです。 重量は35万トンもあるそうです! 見た感じはただの角ばったコンクリートの塊りにしか見えません。(すみません(*_*;) ・・だけど、見た目をはるかに超える重要な働きをしているのです!!

明石大橋のアンカレイジ作業跡地に造られたのが道の駅あわじです。付近一帯を松帆アンカレージパークと総称されています。

レストラン

レストラン海峡楼では、明石大橋を見ながら、海の恵みたっぷりの海鮮料理や淡路牛の料理などが堪能できます。

海千館では、リーズナブルな価格設定の食事を楽しむ事ができます。

私達のおすすめは、明石焼きです。大阪のたこ焼きに似てはいますが、こちらはソースではなく、天つゆのようなお出しをつけながら食べます。絶品ですよ!!

淡路島の明石焼き

アクセス


淡路ICを出て北淡方面に進む。約3分。

営業時間

  • 海鮮館 9:00~17:00
  • お土産店 9:00~17:30
  • とれとれ市・バーガー店 9:00~17:00
  • レストラン 11:00~18:00
  • 駅ナカ食堂 9:30~15:00

日帰り温泉「松帆の湯」

道の駅とタイアップしている日帰り温泉「松帆の湯」です。道の駅から車で数分の場所にあります。

道の駅で買い物すると、割引券をもらえるので、先に道の駅に寄って買物してから温泉に行きましょう!

日帰り温泉「松帆の湯」

日帰り温泉「松帆の湯」

露天風呂では、雄大な明石大橋を眼下に見ながらお湯に浸かる事ができます。明石大橋を走っている車から、この露天風呂が見えるのではないかな?と思う角度ですが・・( ;∀;)

もし、そんな事を気にして運転していると、事故になってしまいますね(*_*;


たこフェリーの在りし日

道の駅一覧には、関係ないのですが紹介させて下さい。

明石大橋がなかった時代には、淡路島に渡るにはフェリーを利用していました。淡路島に渡るには、フェリー乗り場で何時間も待った事もありました・・。

明石大橋が完成し、何年か後に通行料が値下げされ、フェリーの利用が減り、2012年に運航停止となりました。

とても残念でしたが、これも時代の流れなのですね・・。

tako
フェリー

写真は、2008年の明石淡路フェリー(通称たこフェリー)の在りし日の姿です。たこのイラストがとてもユーモラスです。デジカメ写真を整理していて見つけました! 撮っておいて良かった! 凄く懐かしいです。。


スポンサーリンク



道の駅東浦ターミナルパーク

路線バスや高速バスのターミナルを兼ねている道の駅です。こちらも広々としています。

道の駅東浦ターミナルパーク

かなり広い駐車場です。それでも、休日には車でいっぱいになります。

道の駅東浦ターミナルパーク

たこの姿焼きや直売所

道の駅内にある「やま高」というお店が有名です。たこを一匹まるごと姿焼きにしてくれます。その姿焼きがなんとも言えない・・姿なんですね。。(^_-)-☆

たこ姿焼き

「たこ姿焼き」は、登録標章されているそうです!
レジで、注文すると、目の前で焼いてくれます。1180円です。

たこ姿焼き

生のタコに、味付けした粉をまぶして、鉄板で約4分間、焼きます。

たこ姿焼き

出来上がり! このままの姿でもいいのですが、食べやすいように切ってもらいました。

熱々のたこ姿焼き、香ばしくてプリプリした食感です。美味しかったです!

道の駅東浦ターミナルパーク 干しタコ

ユーモラスな姿の干しタコもあります。1500円でした。



直売所では、地元の野菜や、花や木の苗なども販売されています。猫美術館陶芸館もあり、有意義な時間を過ごす事ができますよ!

レンタサイクル

自転車をレンタルする事ができるショップがあります。
Bicycle Hub Awaji」です!

淡路島では、サイクリングを楽しんでいる人を多くみかけます。そんなサイクリストの為のアクセサリーショップやメカニックサービス・レンタサイクルのお店です。

自転車だけでなく、ウェアやヘルメットなどサイクリングに必要なもの一式、レンタルする事ができます。そして、淡路島内のサイクリングのコースも案内してくれます。(初級・中級・上級コースあり)

興味のある方は、ぜひぜひ立ち寄ってみられてはいかがでしょうか!

レンタルは、予約が必要です。Bicycle Hub Awaji

塩浜公園と浦県民ビーチ

パターゴルフが楽しめる塩浜公園が隣接しています。

そして、そのまた隣には「日本の海水浴場88選」に選ばれた綺麗なビーチがあります。海の家・シャワー・脱衣場もあるので、夏場には海水浴におすすめです!

アクセス

営業時間

  • フローラルアイランド(直売所) 9:00~18:00
  • 東浦物産館「夢の浜」 9:00~17:00
  • たこ姿焼き「やま幸」 9:00~17:00
  • バス待合所 6:00~23:00
  • Bicycle Hub Awaji 8:00~17:00
スポンサーリンク



道の駅うずしお

淡路島を縦断する高速道路の最南端の淡路島南ICより約35分の位置にある道の駅です。四国を結ぶ鳴門大橋が目の前にあり、しかも、その橋の下には世界一の大きさを誇る鳴門の渦潮があります!

なんて見どころ満載なんでしょう!!

うずしおレストラン

うずしおレストランでは、鳴門大橋を見ながら、淡路島の旬の料理を堪能する事ができるんです!

うずしおレストラン うずしおレストラン

淡路島では、タコはもちろんの事、生しらすや鱧、淡路牛、玉ねぎなど、おいしい食材が豊富です。そんな豊富な食材を使ったアイデア溢れる料理を楽しむ事ができます。

アクセス

鳴門大橋への散歩道

道の駅の敷地内から鳴門大橋への散歩道があります。散歩道を歩いていくと、船に乗らなくても鳴門海峡や渦潮をたっぷり見る事ができる展望台があります

鳴門大橋

うずの丘大鳴門記念館

道の駅うずしおとタイアップしている施設「うずの丘大鳴門記念館」(道の駅より車で5分)を紹介します。こちらからは、鳴門大橋を一望する事ができます。

うずの丘大鳴門記念館

そして、レストランやお土産物売り場、わんこが楽しめるドッグランもあり、アイデア満載の趣向をこらした演出がいろいろとあり、何時間でも過ごす事ができる場所です。

展望所

大鳴門橋を展望できる絶好のスポットです。

まずは、「屋根より低いふぐのぼり」です(^^)/
初めて見た時は、”鯉のぼりの季節でもないのに何で鯉のぼり?”と思いましたが、よく見てみると、「ふぐのぼり」でした( ;∀;)

うずの丘のふぐのぼり

うずの丘のふぐのぼり


そして巨大な「おッ玉葱」です。この前で、記念写真を撮っている人が沢山います。

うずの丘のおっ玉ねぎ


ドッグランもあります

うずの丘のドッグラン

うずの丘のドッグラン

うずの丘のドッグラン

うちのわんこ達も楽しそうに走り回っていました(^^)/

絶景レストラン うずの丘

絶景レストランうずの丘のメニュー

メニューの「うずの丘海鮮うにしゃぶ」は、テレビでも紹介されました。

絶景レストランうずの丘のメニュー

絶景レストランうずの丘のメニュー

私達は「あなご飯」と「絶景お造りステージ」を注文しました!


淡路バーガー

淡路バーガー

ご当地バーガーグランプリで1位と2位を受賞したハンバーガーがあります!


スポンサーリンク



道の駅ふくら

南淡路に位置しています。うずしおクルーズ乗船桟橋、うずしおドームなないろ館、福良港津波防災ステーション、足湯うずのゆ、などがあります。

人気の道の駅で、休日は混み合っていますが、係員が誘導してくれます。

うずしおクルーズ

道の駅ふくらは、うずしおクルーズの船が出航する乗船場所でもあり、日本丸咸臨丸が停泊しています。

日本を代表する練習用帆船の日本丸のレプリカ船と、勝海舟の咸臨丸を復元した船です。その二隻の船がうずしおクルーズ船として活躍しています。鳴門の大渦のすぐ近くまで行く迫力あるクルーズなので、時間があれば是非おすすめします!

淡路うずしおクルーズ

淡路うずしおクルーズ

淡路人形浄瑠璃

淡路人形座が、道の駅内にあります。淡路人形浄瑠璃は500年以上の歴史があり、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

義太夫の語り口と三味線の音が、身体の奥にぐいぐいと染み込んできます。そんな人形浄瑠璃を淡路人形座で見る事ができます。

淡路人形浄瑠璃

淡路人形浄瑠璃

淡路人形浄瑠璃

とても素敵です! ずっと眺めていたい心境です・・。

アクセス




まとめ

淡路島にある四ケ所の道の駅を紹介しました。それぞれに、見どころ満載の道の駅だと絶賛します!

実は、もっともっと紹介したい事がたくさんあるのですが、この先は行ってみてのお楽しみという事にさせていただきたいと思います。

このブログを見て下さる皆様に、淡路島に訪れる機会がありますように!

その時に、このブログを参考にしていただけたら幸いです!

最後まで読んで下さり、有難うございました!!