『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



キャンピングカーがあると、駐車スペースさえあれば、

気が向いた時に気が向いた場所で、我が家に居るような感覚で

夜を過ごす事ができます。


だけど、迷惑駐車はいけません。

そして、治安の悪い場所では安心できません。

キャンプ場なら安心して泊まる事はできますが、

これだけの装備をそなえていて、キャンプ場を利用するのは、

かなり無駄があると言えます。

キャンプ場ほどの施設は必要ないのです。

そういう要望に応えてくれるサービスがあります。

くるま旅クラブです。




http://www.kurumatabi.com/


くるま旅クラブではいろんな方法でくるま旅をサポートしてくれます。


RVパーク

トイレや電源設備を利用できる駐車場です。

電源をとれるのが特徴です。

キャンピングカーには、電気を供給できる装備がかなり充実しています。

とはいえ、いろんな電気製品を使用しているので多くの電気を使います。

特に、テレビ、電子レンジ、夏場のクーラーは、電気を消費します。

スマホやタブレットの充電もしたいです。

電源をとれる事は、かなり助かります。


湯Youパーク

温泉のある施設の駐車場を利用できます。

日帰り温泉は、各地にあります。

通りすがりの場所で、利用する事もあります。

だけど、なかなか、お風呂を見つけられない事もあります。

湯Youパークなら、お風呂に入ったあと、そのまま車に戻って

くつろぐ事ができます。


ぐるめパーク

レストランの駐車場を利用

食後、運転しなくて良いのが助かります。

安心して、アルコールを飲めますから・・。


とれいんパーク

駅などの鉄道施設の駐車場を利用


民パーク

 想定外の場所での車中泊ができるそうです

 

くるま旅クラブに、提携施設の一覧があります。

施設によって、チェックインシステムや金額も多少の違いは

ありますが、今まで行ったどの施設も丁寧に応じて下さり

気持ちよく利用させてもらいました。


くるま旅クラブ会員には、いくつかのランクがあります。

ランクによって、特典もさまざまです。

入会金と年会費が必要です。


RVパークは、会員でなくても利用できるみたいです。

料金は、その施設によって、設定がいろいろですが、

だいたい1000円か2000円程度の駐車料です。

そして、電源代は500円の定額のところもあれば

コインを入れての時間制のところもあります。

くわしくは、「くるま旅クラブ」のHPで確認してください。