淡路島観光おすすめスポットまとめ記事~世界一と国生み神話の地

明石大橋まとめ記事

休みになると家でじっとできないMamiy夫婦です。

還暦を過ぎたMamiy夫婦は2匹のわんこと一緒にキャンピングカーで各地を旅行しています。

旅の楽しさと日本の素晴らしさを少しでも多くの方と共感したいと思い、このサイトを運営しています。

旅行以外の日々のできごとの記事もいろいろあります。
ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆

今回も私達夫婦の愛車のキャンピングカーで走ってきたレポートを紹介していきます。

淡路島は、いろんな意味で欲張りな観光スポットなんです!

まずは、世界一がふたつもあるという事をご存知ですか?

ひとつ目は、本州から淡路島にかかる明石大橋で、世界一長い吊り橋です。
ふたつ目は、鳴門の渦潮で、その渦の大きさが世界一なのです。

凄いですよね!!

そして!

もっと凄いと感じるのは、古事記や日本書紀の「国生み神話」で、最初に生まれたのが淡路島だと書かれている事です。つまり、淡路島は日本の始まりの地なのです!!

平成28年には、日本遺産にも認定されています。

まだまだあります!

淡路島には美味しいものがたくさんあるんです!

「なんか、いろいろと凄いなあ」と思いませんか?実際に行ってレポートしてきました!

その時の写真も交えながら、ふたつの世界一が有り、国生みの聖地でもある淡路島の魅力をご紹介しますね!


スポンサーリンク

明石大橋

夕暮れ時の明石大橋
淡路島側の明石大橋の真下にある「道の駅あわじ」からの写真です。


世界一の長さの吊り橋です。その長さは3911メートルです。建設当初の予定より1メートル伸びています。

平成7年(1995年)の阪神淡路大震災の時、明石大橋はまだ完成していませんでした。地震で地盤がずれて、本州と淡路島の距離が約1メートル広がりました。地震の影響で、橋の長さを1メートル伸ばして完成させたという経緯です。

建設中の橋にはダメージはなく、地震から3年後に無事に、完成させる事ができました。地震より前に完成していたとしたら、どんな事になっていたのかと想像すると、建設途中で運が良かったのかも知れません。

あの地震を私達と一緒に経験した橋なんだと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。


淡路サービスエリア

明石大橋を渡り切って少し走ると、淡路サービスエリアがあります。大きな観覧車が目印です。

明石大橋や明石海峡を展望する事ができる撮影スポットがあるので、初めての方は、是非、立ち寄ってみる事をおすすめします。

こちらのページに詳しく紹介しているので、のぞいて見て下さいね(^^♪

淡路サービスエリアのおすすめポイント8つ!大人も子供も楽しめます
私達がキャンピングカーでよく出かける先が淡路島です。 本州側からは明石大橋を利用して行くのですが、今回は、その度に利用している高速の淡路サービスエリアを案内します。 近づくにつれて、目に飛び込んでくる観覧車が目印です。そして、このサービスエリアの大きな魅力は、明石大橋を絶好のポジションで一望できる事です。 お土産物や食事場所なども充実しているので、是非、立ち寄って下さいね! いつものように、撮ってきた写真を見ながら紹介します(^^)/


伊弉諾(いざなぎ)神宮

淡路島には、いろんな観光場所がありますが、歴史探訪・古代の日本を垣間見る事ができる、伊弉諾神宮を紹介します。

「古事記」「日本書紀」に国生み神話が書かれています。

イザナギノミコトイザナミノミコトが、夫婦の契りを結んで初めに造られたのが、淡路島で、その後次々と島を生み、日本の国を造られたとあります。

伊弉諾神宮は、イザナギノミコトが余生を過ごされた地とされています。記紀に記されている最古の神社が、伊弉諾神宮なのです。

こちらのページに、詳しい記事があるので、是非、ご覧ください。

枠の中のタイトルか写真をクリックしたら、記事に飛びます(^^)/

伊弉諾神宮で御朱印もらおう!駐車場や日本最古の歴史まで丸ごと紹介
日本の始まりの地で御朱印をいただいてきました(^_-)-☆ 淡路島は国生み神話の地です。御朱印のいただき方や由緒ある伊弉諾神宮について紹介します。 駐車場の情報などもお伝えしていくので、一緒に見て行きましょう(^_-)-☆


おのころ島神社

次に紹介するのは、おのころ島神社です。神話の時代からの歴史を伝える場所です!

そして、縁結びのお願い事ができるセキレイ石があるんです。

こちらのページに、詳しい記事があるので、是非、ご覧ください。

枠の中のタイトルか写真をクリックしたら、記事に飛びます(^^)/

おのころじま神社の御朱印&縁結びパワースポットせきれい石
淡路島は国生み神話の地なのです。その由緒あるおのころ神社で御朱印をいただいてきました。 おのころじま神社は縁結びのお願いができるセキレイ石がパワースポットとしても有名です(^_-)-☆ 駐車場の情報などもあります。一緒に見て行きましょう(^_-)-☆

うずしおが見られる道の駅

次は、世界一の鳴門の渦潮です!

この世界一の渦潮を見るのに、絶好な場所が、「道の駅うずしお」です。

こちらのページに、詳しく書いています。

枠の中の写真かタイトルをクリックしたらページに飛びます(^^)/

道の駅うずしお!ハンバーガーやレストランが人気のおすすめスポット
道の駅うずしおは、四国を結ぶ鳴門大橋が目の前にあります。しかも、その橋の下には世界一の大きさを誇る鳴門の渦潮があるんです!淡路島の特産品を贅沢に使ったおいしいレストランや売店もあります。そして、全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を獲得した淡路バーガーショップもあるんです。詳しく紹介していきます。ゆっくりご覧ください(^_-)-☆

七福神めぐり

淡路島の中だけで、七福神めぐりを完結させる事ができるんですよ!

風景を満喫したり、グルメを堪能したりしながらの七福神めぐりは、とても楽しいと絶賛します。

別ブログで詳しく紹介記事を書いています。

枠の中のタイトルか写真をクリックしたら、ページに飛びます(^^)/

淡路島七福神めぐりの所要時間はどれくらいかかる?
淡路島の七福神めぐりです。七ケ寺が全部この島の中にあるので、一日で巡拝する事が可能です。それぞれのお寺でお経を唱えて御祈祷してくれました。団体客だけでなく個人でも、どちらのお寺も親切に丁寧に応じてくれます。各お寺で、ささやかな記念品も貰えます。巡拝を終えると七福神福笹をいただきました。


うずしおクルージング

淡路島といったら、鳴門のうずしおです。

船に乗って、うずしおの近くや真上を通過したりと、迫力あるクルージング体験ができるんですよ!

お出かけのときには、うずしおカレンダーで、うずが発生する日や時間を確認しましょう。

うずしおクルーズは予約なしでも乗船できる?~淡路島観光レポート
こんにちは!Mamiyです(^^)/今回は、淡路島でうずしおクルーズに乗船してきました!うずしおクルーズでは、こんなカッコイイ船に乗船できるんです!あの幕末に建造された咸臨丸と、航海練習船の日本丸をモデルに創られた二隻の...


野島スコーラ

西海岸エリアの観光スポット「野島スコーラ」です。

廃校になった野島小学校を利用して作られた複合施設!

おすすめですよ(^^)/

野島スコーラは廃校をリノベーション~淡路島観光の西海岸エリア紹介
こんにちは!Mamiyです。今回は淡路島西海岸の観光スポットを紹介します。野島スコーラです!小学校が廃校になり、建物をリノベーションして複合施設に生まれ変わりました。レストランやカフェ・お土産物などのショップ・動物園など...


淡路島の道の駅一覧

淡路島には、4つの道の駅があります。

それぞれの道の駅についてのレポート記事があります。

こちらのページで詳しく紹介しています。

枠の中のタイトルか写真をクリックしたらページに飛べます(^^)/

淡路島の道の駅一覧!それぞれの魅力をまとめてみました!
淡路島にはたくさんの見どころがありますが、今回は、観光の拠点にもなっている便利な施設「道の駅」を詳しく紹介します。淡路島には、4ケ所の道の駅があります!アンカレイジがそびえ立つ「あわじ」・たこの姿焼きの「東浦」・渦潮と鳴門大橋の「うずしお」・人形浄瑠璃の「ふくら」 それぞれに魅力満載です。紹介していきますね!

お気に入りのお店紹介

「源平」さん

明石大橋の夕景を見ながらの食事は最高です。

季節には、鱧づくしが絶品です(^^)/

枠の中のタイトルか写真をクリックしたらページに飛びます(^^)/

淡路島グルメ!鱧(はも)づくしが絶品の源平さん
こんにちは! Mamiyです(^^)/初夏になると、鱧(はも)が美味しい季節の到来です!美味しいものが大好きな私達夫婦は、この季節になると、鱧を食べたくなります。今年も早速、行ってきました!淡路島にある「源平」さんです。...

「希凛」さん

こちらも明石大橋を見ながら食事ができます。

絶品のお鮨です(^_-)-☆

枠の中のタイトルか写真をクリックしたらページに飛びます(^^)/

淡路島グルメ!お鮨の「希凛」明石大橋のたもとにあるこだわりのお店
淡路島で美味し~いお寿司を食べてきたので、紹介します。 明石大橋のたもとにある最高の立地にあるお店で、おしゃれな雰囲気の建物です。 ずっと気になっていたのですが、やっと行く事ができました!どんなだったか順を追ってご紹介しましょう(^^)/

おすすめルート紹介

一日目
明石大橋—あわじSAにて休憩—伊弉諾神宮—道の駅うずしお(昼食・渦潮見学・買物)—海辺をドライブ&散策—福良の民宿に宿泊(三年ふぐの鍋料理)

二日目
民宿を出発—おのころ島神社—高速で帰路につく—あわじSAオアシスにて休憩—明石大橋

比較的、時間にゆとりのあるゆったりした内容の観光のコースです。


さいごに

淡路島観光で、ふたつの世界一と日本の始まりという壮大なテーマをまずは制覇したいと思います。

そして次にオススメは、淡路島七福神めぐりでしょうか。

他にも、いろいろ見どころがあり、美味しいものもたくさんあります。

まだまだ紹介しきれていないので、新しい記事もつくって追加していきますね!

このブログを見て下さる皆様に、「淡路島」に行く機会がありますように!

その時に、このブログを参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読み下さりありがとうございました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


現地調達のホヤホヤの情報やおすすめ記事の紹介など不定期にお届けします(^_-)-☆

友だち追加

↑友達登録はこちらからどうぞ(^^)/

関連記事(一部広告含みます)


まとめ記事 淡路島 見る・楽しむ
Mamiyをフォローする
Instagram
[instagram-feed]
わんだふるらいふ|還暦夫婦と2匹のわんこで気ままなくるま旅

コメント

  1. ミミルル より:

    淡路島、会社の慰安旅行で行ったきりでしたが、友達に勧められて最近気になっていたんですよ。
    実家からだと、船で行った方が早いかもしれません。
    うずしおを目の前で見るのも面白そうですね!
    神社仏閣好きな夫に、紹介したいと思います~。

    • MamiyMamiy より:

      ミミルルさん。記事を読んで下さりありがとうございます!
      ご主人様、神社仏閣が大好きなんですね。
      フランスでは日本好きな人が多いと聞きました。
      なんか嬉しいです。来日の際はたっぷりと日本を味わって欲しいです。
      「ふくら」から渦潮クルーズ船が出ているし、人形浄瑠璃もおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました