RVパーク峠の湯びほろで安心車中泊レポート~北海道車旅11

北海道

こんにちは!Mamiyです(^^)/

還暦を過ぎたMamiy夫婦は2匹のわんこと一緒にキャンピングカーで各地を旅行しています。

旅の楽しさと日本の素晴らしさを少しでも多くの方と共感したいと思い、このサイトを運営しています。

旅行以外の日々のできごとの記事もいろいろあります。
ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆

北海道旅行を16日間で4400km走破したシリーズです。

前回は、神の子池に行ってきました。透明感のある美しい青い池を見て、心が洗われるようでした!

そして、北海道に来てから4日目の夜です。RVパーク「峠の湯びほろ」で安心車中泊をすることにしました。

食事・温泉・駐車場が揃っているので、キャンピングカーの私たちにとって、特に居心地が良いスポットでした。

どんなだったか詳しくレポートしていきますね。

ではでは、一緒に見ていきましょう(^^)/

 

今回の移動マップ

神の子池から、まずは、網走に向かいました。

網走刑務所の外観を少しだけ見て、そのあと、峠の湯びほろです。

この日は、オシンコシンの滝見学と、神の子池見学への道中に、余分な道を走ってばかりの日でしたが、こちらの「峠の湯びほろ」へは無駄なく走り、午後3時過ぎには到着できました(^^)/

RVパーク峠の湯びほろ

今夜の車中泊場所のRVパーク「峠の湯びほろ」に到着しました。

RVパークって?

私たちのようなキャンピングカーで旅行する場合は、宿泊施設は必要ありません。

夜を過ごすために欲しいのは、安心して駐車できる場所です。

高速のサービスエリアや道の駅などを利用することが多いのですが、より安心して車中泊ができる施設が整備されているんです。

駐車場以外に、あると嬉しいのが、AC電源・入浴施設・食事処・ゴミ処理可能・24時間使用できるトイレなどです。

こういう要求を叶えてくれる施設を開拓してくれているのが、「くるま旅クラブ」です。

詳しくは、こちらのページで紹介しています。合わせてご覧ください。

くるま旅クラブの情報のまとめ記事

くるま旅クラブに入会していると、車中泊場所を探す時に使えます。くるま旅クラブのサイトにそれぞれの地方別に、車中泊を受け入れてくれる施設の紹介があります。入浴施設での車中泊や、電源をつないでの車中泊や、レストランの駐車場での車中泊などが利用できます。

  • RVパーク=AC電源を確保できる駐車場
  • 湯Youパーク=入浴施設がある駐車場
  • ぐるめパーク=食事処やレストランの駐車場

今回、利用する「峠の湯びほろ」は、RVパークで、AC電源があることの他に、温泉もあり、食事処もあり、私たちの要求が全て満たされている有難い施設なのでした(^^)/

 

施設紹介

〒092-0026 北海道網走郡美幌町都橋40番地1
【TEL】 0152-73-2121
【URL】 http://www.tougenoyu.com/onsen/index.html

峠の湯びほろの建物の入り口と駐車場です。

広々した駐車場です。

RVパークを利用するには、まずは、くるま旅クラブのHPで調べ、電話をかけて、空きがあるかを確認します。空きがあるとの返事をもらったので、さっそく、やってきました(^_-)-☆

ロビーで、手続きして料金を支払いました。

AC電源も確保できました。そして、ゴミの処分もできるとのことです。

ロビー横には、売店があり、地元の特産品などが売られています。

 

温泉

入浴料金は、大人500円です。

券売機で購入します。RVパークの申込手続きのときに、1人分の無料入浴券をもらったので、1枚だけ購入しました。

  • お風呂の営業時間は、10:00~22:00
  • 温泉は、低張性弱アルカリ性温泉
  • 効能の良い「薬仁湯」という薬湯風呂があることが特徴

券売機で、入浴券を購入します。食事処での食事券もセットで買うとお得です。

広々したお風呂にゆっくり浸かり、至福の喜びです!(^^)!

 

さあ、このあとはお楽しみの食事タイムです(^^)/

 

食事タイム

メニューは、定食や麺類・丼物といった内容です。

お酒飲みの私たち夫婦は、お酒のあてのような居酒屋メニューが欲しかったのですが、そういうメニューがないのが、ほんのちょっぴり残念でした(:_;)

それで、ジンギスカン定食を注文しました。

居酒屋メニューではありませんでしたが、ビールに合うお味で、美味しくいただくことができました(^^♪

 

外部設備棟

このログハウスの建物の中に、トイレや洗面所などがあります。

洗面台・洗い場・トイレです。

綺麗に清掃されていて、気持ちよく使わせていただきました!

料金

  • 駐車料:2000円
  • 電源利用:500円
  • ゴミ処理:100円
  • 入浴料金:大人500円

電源を確保できたことと、ゴミ処理させてもらったので、ひと安心です。

旅が長くなると、ゴミの量が増えていきます。ガソリンスタンドで、処分してもらえることもあるけど、ダメと言われることもあるんです。

電源については、私たちのキャンピングカーLIBERTYには、サブバッテリーを備えています。走行充電とソーラーパネルで維持していますが、たまには、コンセントをつないで、しっかり充電することも必要なのです。

愛犬「宙」のお散歩と食事

愛犬「宙」もお散歩しました。

服を着せない主義なので、こんな姿です。だけど、やせ細った姿の写真を見たら、暖かそうな服を着せてあげておいたら良かったのかな、なんて思ってしまいました( ;∀;)

この頃から、特に食事が食べにくくなってきていました。フードをお湯でふやかしたりして、流動的なものを食べさせています。口の中に入っても、ポロポロとこぼれ落ちてくるので、お盆をお皿がわりにしています。

 

北海道16日間まとめページ

今回の北海道旅行のまとめページがあります。

全体の行程を記載していて、目次のように作ってあります。ぜひ、参考にのぞいて下さい(^^)/

北海道車旅16日間~愛犬との最後の旅4400Km~01総集編
今回は、北海道旅行に行ってきました! 愛車のキャンピングカーLIBERTYで、なんと16日間で4400kmを走破してきたんですよ。たくさんの感動と熱い想い出でいっぱいの濃い内容となっています。

 

まとめ

ここまでお読み下さりありがとうございました。

この記事では、安心して車中泊ができる「RVパーク峠の湯びほろ」についてお伝えしました。

記事の後半では、愛犬「宙」の様子も書いてみました。ひとコマひとコマが、懐かしくて仕方がありません。

さて、明日は、いよいよ、北海道最北端に向けて走ります。

続きのレポートもお楽しみに!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました