龍飛埼と青函トンネル記念館(東北くるま旅)

龍飛岬東北

こんにちは!Mamiyです(^^)/

還暦を過ぎたMamiy夫婦は2匹のわんこと一緒にキャンピングカーで各地を旅行しています。

旅の楽しさと日本の素晴らしさを少しでも多くの方と共感したいと思い、このサイトを運営しています。

旅行以外の日々のできごとの記事もいろいろあります。
ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆

東北方面への夏旅3日目のレポートその3は、『龍飛埼』です。

龍飛埼


龍飛埼

龍飛埼は、青森県北部の津軽半島の最北の岬です。

龍飛埼灯台。青函トンネル記念館・レストラン・売店などがあります。

『津軽海峡冬景色』の歌碑もあります。有名な歌詞「ご覧あれが龍飛岬 北のはずれと~」と歌声が流れてきます(#^.^#)

龍飛埼灯台
龍飛埼灯台

龍飛埼の先端にて!

龍飛岬 売店
お土産もの売店

こちらの売店で、お土産のお酒を買いました~(^_-)-☆

龍飛埼 お土産

このお酒 お買い上げ~

龍飛埼訪問記念証明書

『津軽半島最北端龍飛埼 訪問記念証明書』をいただいてきました(^^)/


龍飛埼へのアクセス

マップで位置を確認してみましょう。

国道339号線を走ります!

所在地:青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜


駐車場

龍飛埼 駐車場

駐車料金は無料です。


青函トンネル記念館

青函トンネル記念館

展示ホール 入館料 大人400円・小人(小学生)200円

こちらでは、青函トンネルの着工から完成までのいろいろなデータを知ることができます。

青函トンネル記念館

青函トンネルは、世界最長の海底トンネルで53.85Kmの長さを誇ります。

津軽海峡の海の下にトンネルを掘っているんですねぇ。。

完成させるまでの苦労は想像を絶するものでした。

工事期間は約24年間。

鉄砲水に、かなり悩まされたと記録にありました。

海の底のまだ下なんですものね・・。凄いです・・!

この偉業を成し遂げたことを誇りに思います(#^.^#)



トンネル記念館には、展示ホールの他に海面下の坑道見学ができます。

海面下140メートルの坑道を体験できます。

ケーブルカー乗車券:大人1000円・小学生500円



2016年に開通した北海道新幹線は、この青函トンネル内を走っています。

通常の列車とは、レール幅が違うので、同じ線路を走らせるために、ある工夫がされてあるんです。

北海道新幹線

三本の線路が敷いてあるのです!


食事処

青函トンネル記念館の中に食事処があります。

こちらで、お昼ごはんを食べました!

龍飛埼で食事


さいごに

龍飛埼と青函トンネル記念館について紹介しました。

北のはずれにやってきたんだなあと、少し感慨深かったです(^^)/

青函トンネルを完成させるまでの苦労は並大抵ではなかったことを知りました。



このあと、北海道新幹線がトンネルから出てくる場面が見られる『青函トンネル広場』に行きます。

また次回の記事も楽しみにしていて下さいね(^^)/


東北くるま旅まとめページの紹介

今回のくるま旅は盛りだくさんなので、いくつかに分けて記事を書いています。

まとめとなるページはこちらです。

このページからそれぞれの観光地レポートのページに飛べます。

是非、のぞいてみて下さいね(^^)/

東北ドライブ旅行体験記~モデルコースやスポットの記事まとめ
こんにちは。Mamiyです。いつも日本国内のいろんな場所に旅行しています。私たちが住んでいる場所が関西なので、どうしても行先は西に偏っていて、いつか東北方面に日数をかけて行きたいと思っていました。その思いがやっと実現したんで...

お知らせです(^^)/

初めてのkindle本出版しました

キャンピングカーについていろいろ語っています。

unlimitedの読み放題がおすすめです(^_-)-☆

現地調達のホヤホヤの情報やおすすめ記事の紹介など不定期にお届けします(^_-)-☆

友だち追加

↑友達登録はこちらからどうぞ(^^)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

関連記事(一部広告含みます)


東北
スポンサーリンク
Mamiyをフォローする
Instagram
[instagram-feed]
わんだふるらいふ|還暦夫婦と2匹のわんこで気ままなくるま旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました