『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



沖縄の観光場所の定番は、首里城や美ら海水族館などですが、それ以外にもいろんな見どころがあります。

何度も沖縄旅行を繰り返しているので、普通の観光ツアープランには載っていない場所もいろいろと行った事があります。その中から私達のおすすめの観光スポットを紹介したいと思います。

今回、紹介するのは、ブセナ海中公園と海中展望塔です。写真がたくさんあります。どうぞ、ゆっくりと見ていって下さいね!

ブセナ海中公園

このエリアには、ブセナテラスというホテル・ブセナ海中公園・海中展望塔・グラス底ボートなどの施設があります。

公園の目の前に美しい海と砂浜が広がっています(^_-)-☆

何度も沖縄旅行を繰り返してはいますが、毎回、晴天に恵まれる訳ではありません。

沖縄の海は、いつだって美しいのですが、やっぱり何と言っても、晴天の青空の時の海と空の風景が最高に美しく感動します(^_-)-☆

この日は、最高の晴天に恵まれました! 写真を見て下さい!

ブセナ海中公園の目の前の海
ブセナ海中公園の目の前の海

駐車場について

海中公園とブセナテラス(ホテル)の駐車場の入口は一緒になっています。

ホテル用の駐車場は奥の方にあり、公園用の駐車場は道路寄りの方にあります。

駐車場の警備のおじさんに、海中公園に来た事を伝えると、案内してくれます。

駐車料金は無料です。

公園を散策しながら展望塔へ

まずは、発券所で、料金を支払います。

観覧料金

  • 海中展望塔:大人1030円・中人820円・小人520円
  • グラスボート:大人1540円・中人1230円・小人770円
  • セット料金:大人2060円・中人1650円・小人1030円

私達は、海中展望塔のみのチケットを購入しました。

海中公園内を無料シャトルバスが運行していて、海中展望塔やグラスボート乗り場まで乗せてもらう事ができます。バスに乗るのも楽ちんですが、散歩日和だったので、歩いて展望塔まで行く事にしました。

ブセナ海中公園 無料シャトルバス
ブセナ海中公園 無料シャトルバス

右手にブセナテラス(ホテル)を見ながら歩きます。

この先の方にある万国津梁館は2000年にサミットが開催された会場です。

ブセナテラス
ブセナテラス

スポンサーリンク



海中展望塔

海中展望塔が見えてきました。海に向けて突き出ている建物がそうです。

ブセナ海中展望塔
ブセナ海中展望塔

ゲートをくぐって、橋をどんどん進むと、展望塔です。

海中展望塔のゲート
海中展望塔のゲート

ここから展望塔の中に入ります。

海中展望塔入口
海中展望塔入口

らせん階段を下っていきます。水深3メートルの位置に張り紙があります。

海中展望塔の階段
海中展望塔の階段

内部はこんな風に、いくつもの丸い窓があって、海底をのぞく事ができます。

海中展望塔内部
海中展望塔内部

お魚さんが、展望塔の窓からのぞいているみたいです。
なんか、こちらが、お魚さんに見物されているような気分になりました(*_*;

海中展望塔から見えるお魚さん
海中展望塔から見えるお魚さん

ユーモラスな姿がなんとも言えませんね。

海中展望塔から見えるお魚さん
海中展望塔から見えるお魚さん

海中展望塔の窓から見えるお魚さん達
海中展望塔の窓から見えるお魚さん達

外へ出ると魚のおやつが売られていたので、買ってみる事にしました。200円でした!

海中展望塔で魚のおやつ
海中展望塔で魚のおやつ

おやつをばら撒くとたくさん集まってきてくれて、あっという間に完食です(^_-)-☆

海中展望塔をあとにして、橋を歩いて戻ります。風が強くて吹き飛ばされそうだった。けれど、晴天で海の色が濃く、波の白さとのコントラストがなんとも美しかったです(^_-)-☆

グラス底ボート

グラスボート乗り場です。グラスボートの所要時間は約20分です。ただし、天候や海の状況によって運航できない事もあります。

グラス底ボート乗り場
グラス底ボート乗り場

船の底がガラス張りになっていて、海底のお魚さん達を観察する事ができます。



かなり波が出ていますが、グラスボートは運航していました。


ダイビングショップ

海中公園には、ダイビングショップもあります。

ブセナ海中公園 ダイビングショップ
ブセナ海中公園 ダイビングショップ

シュノーケリングやファンダイビングや子供(3才から)もOKだそうです。そして、水着を持っていなくても貸してもらえるそうです。突然に思い立って、潜ってみたくなったら駆け込む事ができるんです(^^)/

沖縄海岸国定公園について

公園内を歩いていると、こんな看板が立っていました。「なんで?ここはブセナ海中公園なのに?」と思いながら、看板の文字を読んでみました。

沖縄海岸国定公園の看板
沖縄海岸国定公園の看板

この場所からもっと南西にある残波岬から、沖縄本島最北にある辺戸岬までの海岸とその周辺の地域一帯を「沖縄海岸国定公園」というんだそうです。

とても広い範囲で、国定公園に指定されているとわかりました。沖縄には、それだけ、美しい場所がたくさんあり、守りたい自然が豊富にあるという事なのですね。

その広範囲の国定公園の中の一部が、ブセナ海中公園だという事です。

アクセス

ブセナ海中公園事業所

所在地:沖縄県名護市喜瀬1744−1

電話番号:0980-52-3379

空港よりの所要時間:国道58号線を利用で約90分

空港リムジンバス:ブセナリゾート下車


まとめ

ブセナ海中公園と海中展望塔を紹介しました。

広々とした公園と、海の中のかわいいお魚さん達に出会えて、美しい海を見る事もできる素敵な場所だと思いませんか?

駐車場に車をとめて、展望台まで行って戻ってくるまで、約1時間ほどでした。途中で、休憩したり海辺で遊んでみたりして、もっとゆったりとした時を過ごすのも良いと思います。


このブログを見て下さる皆様に、沖縄のブセナ海中公園と海中展望塔に行く機会がありますように。

その時に、このブログを参考にして頂けたら幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!





沖縄関連のまとめ記事があります。こちらもご覧ください!

沖縄観光穴場ガイド!何度も行ってる私がお宝情報をぜんぶ教えます