『わんだふるらいふ』へようこそ。いろんな場所に旅行に行って集めてきた情報や日常の出来事などを発信しています。ごゆっくりご覧ください(^_-)-☆



ゴールデンウィークの車旅は北海道です。北海道くるま旅は4遍に分かれています。

Part1の記事をまだご覧になっていない場合は、コチラからお読みください(^_-)-☆

Part1では、全行程の紹介、ルート選び、小樽散策、余市蒸留所見学などを紹介しました。

さて、それでは、Part2のレポートです。

Part2では、北海道をどんどん北上します。北上を続けて、最北端の地を目指しました。

この旅行の目的のひとつは、最北端の宗谷岬に行く事でした。もうひとつは、夫のルーツとなる場所を見てみたいという事でした。最北端の宗谷岬へ行く途中にある遠別(えんべつ)というところです。

遠別をめざす

夫の祖父母は、北海道へ開拓団として移住していたそうです。

そこで、7人兄弟の5番目に生まれたのが、夫の母だそうです。

広すぎる土地、冬の寒さの厳しさ、生活苦に耐え切れなくなり

母が小学校3年生の時に一家は本州に戻ったそうです。

母の北海道時代の昔話を聞いた事があります。

「夜、寝ていると、布団に自分の寝息がかかり、ツララができていた」

ほんとの話しなのかどうか今の私達には知る由もありませんが、

半端じゃない寒さだったんだろうとは想像できます。

余市を出発して、少し内陸の道路を走り、

留萌(るもい)からは、日本海に面した海沿いの道を

どんどん北上しました。

海辺の道、少し内陸に入った道・・。

延々とこんな風景が続きます。

本州から北海道に入ってからの果てしなく続く道。

今から100年以上も昔、いったいどんな方法で

この場所までやってきたんだろうと思うと

昔の人の忍耐強さに感服します・・。

この日は風が強く、真冬にはどんなに寒かったろうと

昔の生活への思いをはせました。。

母の原戸籍に記載されていたのは天塩郡遠別町オタコシベツ

地図には、「オタコシベツ」という地名はありません。

地元の人に聞いてみました。

オタコシベツ」⇒現在では「ウタコシ」という地名だと

教えてくれました。

ついさっき、通り過ぎてきた場所あたりらしいです。

ほんの少しだけ、ルーツの旅でした。



スポンサーリンク




ノサップ岬



そして、北上を続け、やっと稚内に到着。

ノサップ岬です。

結構、夕方になりました。

太陽が沈んでいきます。写真のとおり美しい景色でした!

ただし!

風が強い! 吹き飛ばされそうな勢いの風でした。5月だったので、そんなに寒くは無かったですが、もし冬の季節にこの風だったら、強烈な寒さだろうなと思いました・・( ;∀;)



ノサップ岬のキャンピングカーです(*^^)v

最果ての場所にやってきた!と灌漑深い・・

あと少し走れば、最北端の宗谷岬ですが、

夕方になってしまったので、

稚内の港周辺で車中泊です。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

キャンプ場を利用する予定ではなかったのですが・・。

この日は、かな~りの強風でした。

寝ていても、車が揺れる揺れる・・。

で、夜遅くなってきているけど、

何とか強風を避けられる場所を求めて

走りまわった結果、

キャンプ場の敷地に入ってきてしまいました。

キャンプ場のゲートを閉めて帰宅しようとしている

職員さんと偶然にも遭遇しました。

そして、事情を話して、何とか、キャンプ場で

泊まらせてもらえるように頼みました。

普通なら受け付けてもらえないところ、

ぎりぎりの対応で、キャンプサイトに入れてもらえる

事になりました。

相変わらず風は吹いているけど、何となく安心・・。

道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

あの時の職員さん!

この場を借りて、もう一度お礼を言わせて下さい。

「ありがとうございました!」



せっかくなので、北海道のキャンプ場を堪能したかった

のですが、あとの行程も考えて、

朝一番で、キャンプ場をあとにしました。

まとめ

北海道くるま旅Paet2のレポートでした。

余市蒸留所見学のあと、ひたすら北上を続け、夕陽がもう少しで沈む時間帯にノサップ岬までやってきました。風が強く吹き飛ばされそうになりました( ;∀;)

車中泊場所は、少しでも風あたりが少ない場所を求めて走りまわり、辿り着いたキャンプ場に入れてもらいました。

そして、次はいよいよ最北端の宗谷岬へ向かいます!!

続きは、Part3をご覧ください!

北海道シリーズの他のページは、こちらです(^^)/

北海道くるま旅Part1

北海道くるま旅Part3

北海道くるま旅Part4